社風・環境|株式会社東京地図研究社|求人情報・採用特設サイト|地理空間情報で未来社会を切り拓く

社風・環境Culture

取り組み・活動

学会発表

学会発表

地形表現や特定のテーマに沿った地図データ整備など、当社が取り組む研究について関連する学協会で年に数回社員が発表を行っています。また、大学や研究機関の先生方とともに共同研究を行う機会も増えています。

イベント出展

イベント出展

GISコミュニティフォーラム、日比谷カレッジ(日比谷図書文化館)、青少年のための科学の祭典、G空間EXPO、関連学会などで展示や講演などを行っています。

大小さまざまな交流会

大小さまざまな交流会

社員・アルバイトを交えたレクリエーションを年に1回企画しています。また年に3回大掃除をして、社内美化の徹底と全社一丸で作業をする機会を設けています。
有志でのオフ会(ボウリング・BBQ・スポーツ観戦・辛口同好会・城部・駅伝など)も多数行われ、和気あいあいとしています。

教育研修

新入社員研修・資格講座

新入社員研修・資格講座

新入社員研修では上司・先輩社員が講師となって、メール・電話対応から、業務に関連するソフトウェアの使い方、業界動向など、1週間ほどレクチャーを受けます。
その年に入社する社員だけでなく、若手社員も一緒に受講し、社内全員のスキルアップを目指しています。また、定期的にスキルアップのための勉強会(2017-2018年・測量士取得講座、2018年・測量数学講座、2018-2019年・情報処理基礎講座等)も業務時間内に行っており、資格取得に向けてのサポートもあります。

社内勉強会

スピーチタイム

日常的にICTを使いこなし、業務レベルでよりIT化を進めていくため、基礎知識習得と社内ITリテラシーの底上げを目的とした情報処理基礎講座の開催や、プレゼン能力向上と自己啓発を目的に、25人前後を相手に質疑も含め10分間のスピーチタイムなどを行っています。
準備も大変で、緊張もしますが、自らが決めたテーマについて調べ発表する、良い機会となっています。

外部セミナー

外部セミナー

資格取得やPCスキル向上、マナー研修など、様々な外部セミナーに参加できます。自分の不足点、今まで以上のレベルアップを図りたいという場合などに活用できます。

よくある質問

平均年齢は?

40.8歳

平均勤続年数は?

11.7年

残業時間は?

繁忙期(とくに年度末)や業務が重なる場合など、必要に応じて残業することはあります。しかし、上司・先輩が残っているから帰りにくい…といったことはありませんし、近年は、ワークライフバランスを考え、社内の時短意識が高まっています。

休みは取りやすい?

普段は希望日に有休を取得できます。7〜9月の間で自由に取得可能な夏季休暇は家族・友人と予定を合わせることができます。また近年は、男性社員が育児休業を取得しています。

休日出勤はありますか?

業務や学会などのスケジュールによっては休日出勤もありますが、その場合は振替休日・代休(割増分は支給)の取得、あるいは時間外手当の支給となります。

勤務地はどこになりますか?

府中本社または飯田橋支所での勤務となります。

GISの操作経験がなくても大丈夫ですか?

GISや地図の経験があれば即戦力として活躍できる機会が増えますが、実際にはGISをさほど活用しない業務も含め事業内容は多岐に渡ります。入社後、一週間程度の社内技術研修もあり、未経験者でも経験豊富な先輩が親身になってサポートしますのでご安心ください。

フォトギャラリー

東京地図研究社の日々の仕事の様子、学会やイベントでの取り組み、社内レクリエーションの様子などをまとめています。

  • フォトギャラリー
  • フォトギャラリー
  • フォトギャラリー
  • フォトギャラリー

もっと見る

  • Facebook
  • Twitter
  • ブログ
  • リクナビ