社員インタビュー|株式会社東京地図研究社|求人情報・採用特設サイト|地理空間情報で未来社会を切り拓く

社員インタビューPerson

2018年入社/塚田 知輝  2013年入社/熊谷 新  
2012年入社/永井 麻由佳 2016年入社/有賀 夏希 
2013年入社/谷口 亮   2002年入社/竹下 健一 

PERSON01

人を知る

塚田 知輝Tsukada Tomoki

入社年
2018年
出身地
東京都
出身学部
文学部 地理学科
所属部署
飯田橋支所

< 1日の流れ >

08:00
出社(時差出勤)メールをチェックし、今日の予定を確認します
09:00
現地調査準備調査対象を事前に確認し、効率のよい計画を立てます
10:00
現地調査漏れがないよう、入念かつ迅速に進めます
12:30
昼食調査先で外食。午後に向けて頭を一旦リセットします
14:00
調査結果整理・入力会社に戻り、調査結果をデータベースに入力します
18:00
退社チームの進捗を確認し、明日の予定を決めて退社します

担当業務と仕事内容

私が担当しているのは飯田橋支所の主力業務である調査・入力業務です。例えばカーナビに搭載される観光地の施設情報を調査したり、ナビサイトの検索結果に表示される電車の乗換時間を計測したり、言わば「地図の中身を充実させていく仕事」です。これらの情報は現地で生の情報を収集することも多く、地道な作業が必要です。入社1年目の新入社員ではありますが、チームの作業進捗を管理したり、自ら現地調査に出向いたり、あるいはお客様へよりよい調査・成果を目指すための提案をしたりと業務内容は多岐に渡っています。

人を知る

心がけていること、目標

仕事をする上では、①何事もまずはやってみること、②迷ったらシンプルな方法を選ぶ、この2点を心がけています。①は新入社員として入社以来掲げてきた目標で、先輩や上司に相談したり、助言を受けながら、1つでも多くの知識やスキルを吸収できるように日々努めています。②はチームで作業内容を共有したり、お客様と作業方法を協議する機会が多いため、意識していることです。自分自身が複雑に考えてしまうと、相手にはもっと複雑で伝わりにくくなってしまうので、なるべく簡潔に整理して仕事に取り組むようにしています。

学生時代の経験が活かせているか

大学時代は都市地理学や観光地理学を学んでいました。ゼミでは駅周辺の施設立地を現地調査したり、交通網の広がりについてGISで解析したりとなにかと試行錯誤しながら研究手法を模索していました。そういった点で、現在行っている業務は当時の研究対象と非常に近いなと感じます。ただ、学生時代と大きく違うのはお客様の要望に沿った成果が求められるという点です。知識だけではなく、現場で感じたことをチームにフィードバックしたり、お客様に提案していく過程で、ゼミでの地道な作業の経験が活かされていると感じています。


PERSON02

人を知る

熊谷 新Kumagai Arata

入社年
2013年
出身地
神奈川県
出身学部
文学部 地理学科
所属部署
企画開発室

< 1日の流れ >

08:00
出社(時差出勤)メールチェックとその日の予定の確認を行います
09:00
社内打合せ受注案件の社内作業の打合せを行います
10:00
訪問営業新規案件開拓で、自治体の役所を訪問します
12:00
昼食外で昼食
14:00
客先打合せお客様と受注案件の打合せを行います
16:00
社内業務見積作成や営業報告のまとめを行います
19:00
退社急ぎの見積対応や見積依頼が重なった時は残業することもあります

担当業務と仕事内容

自治体を中心に、ハザードマップや観光マップ、バリアフリーマップの新規案件開拓の営業を行ったり、お客様に様々な地図ソリューションのご提案をしています。また受注案件の窓口対応で、お客様とマップ作製の打合せをしたり、納品に行ったりもします。

人を知る

心がけていること、目標

自らが提供するサービス・商品知識は当然として、他の事柄についても興味関心を持ち、一歩先の提案ができるよう心がけています。また訪問営業では、お客様が業務上ではなかなか得ることができないような資料を用意して、お客様にとって有益な情報を提供するようにしています。こうしたことを積み重ねていくことで、お客様から「この人に地図を任せたい」と信頼される営業マンになれればと思っています。

人を知る

仕事中のエピソード

ある観光マップ作製に携わった際、納品後にお客様から「マップが観光客から好評です。」と喜んでいただけたことが印象に残っています。スケジュールがタイトで作製に苦労しただけに嬉しさもひとしおで、お客様に貢献したことを強く実感できたエピソードです。お客様から直接こうした声を聞くことができるのは営業の魅力だと思います。


PERSON03

社員インタビュー

永井 麻由佳Nagai Mayuka

入社年
2012年
出身地
神奈川県
出身学部
文学部 史学地理学科 地理・環境専攻
所属部署
ジオ・テクノロジーグループ

< 1日の流れ >

08:30
出社その日の時間配分を組み立てます
09:00
チームミーティング進捗と注意点等を全員で確認してから作業を開始します
12:00
昼食社内で食べることが多いです
13:00
データ点検作業済みデータの整形や論理点検を行います
17:15
作業状況の確認スタッフが退社後、進捗状況をチェック
18:00
退社翌日のToDoリストを作成して帰ります

担当業務と仕事内容

主に官公庁や自治体、航測・地図系の民間企業のお客様向けに、GISデータ整備、現地調査、大規模入力業務を行っています。整備したデータは、インフラ維持管理、防災、福祉等さまざまな分野で活用されます。表立って目立つことは少なくても、社会を陰で支える重要な仕事であると感じています。中~長期にわたりチームで仕事をする機会が多く、スケジュール管理とメンバー間での情報共有・認識の統一には常に気を配っています。

人を知る

仕事中のエピソード

日頃の業務以外では、さまざまな社外活動にも参加しました。展示会へのポスター出展やブース対応、GIS講習会、子ども向けの地域イベント対応等…。大学の公開講座で一般の方向けに凸凹地図を使った地形解説の講師を担当した際は、地図の楽しさを少しでも伝えられたら…という心持で準備をして臨みました。参加者には解説地が地元の方が多く緊張しましたが、講義後に「おもしろかった!」と感想をいただけたときは本当にホッとしました。

職場の雰囲気

人数が少ない会社なので、社員・スタッフ同士がよくコミュニケーションをとっており、(ざっくばらんとまではいきませんが)堅苦しさはありません。上司や役員との距離が近く、会社に対する意見を聞いてもらいやすいというのも特徴的であると思います。実際に、社内環境は社員やスタッフの要望や提案が逐次取り入れられて年々改善しています。また、GISや測量関連企業との交流も盛んで、若手社員同士の人脈作りにもなっています。


PERSON04

人を知る

有賀 夏希Ariga Natsuki

入社年
2016年
出身地
群馬県
出身学部
教育学研究科 社会科教育専攻地理学コース
所属部署
ジオ・ソリューショングループ

< 1日の流れ >

08:00
出社(時差出勤)時差出勤制度をフル活用しています
09:00
GIS作業相談しながら業務をすすめます
12:00
昼食空き部屋でお弁当を楽しく食べます
13:00
ミーティング新規案件の進め方について話し合います
14:00
GIS作業主にGISで解析作業を行います
17:00
退社早めに退社できる日はヨガや飲み会など有意義に過ごします

担当業務と仕事内容

民間企業が使用する地図資料の作成、またGISを使用した解析業務を行っています。案件の規模としては突発的で1ヵ月程度の短納期のものが多いです。また、2018年度からハザードマップ担当になり、多くの方にとって分かりやすい地図を目指して日々奮闘しています。

人を知る

学生時代の経験が活かせているか

学生時代は、教育学部で地理教育を学んでいました。教育現場からは離れてしまいましたが、相手の立場に立って「分かりやすく伝える」ことは、人前で話す学会・展示会だけでなく、日々の業務にも活かせています。
また、仕事とは直接関係ありませんが、かつて学生時代にラグビー部のマネージャーをやっていた経験があり、本社がある府中市への地域貢献を兼ねて、府中市のコミュニティFMでラグビーファン向け番組のパーソナリティも担当することになりました。

会社の魅力、やりがい

同時期に、例えばハザードマップの製作をしながら現地調査の進捗管理というように、幅広い業務に携わることができることは会社の魅力だと感じています。 また、大企業のような大きい組織ではないため、自分たちにとってもお客様にとっても「働いている人の顔が見える会社」だと思います。そのため入社歴が浅い社員でも第一線でやりがいを持って働くことができます。この点も当社の魅力の1つだと思います。


PERSON05

社員インタビュー

谷口 亮Taniguchi Ryo

入社年
2013年
出身地
三重県
出身学部
創造理工学研究科 建設工学専攻
所属部署
ジオ・ソリューショングループ

< 1日の流れ >

08:30
朝会メンバーと今日やること、困っていることを共有します
09:00
コーディング自動化を目指しコーディングを行います
12:00
昼食駅前に食べに行きます
13:00
グループ会議進捗をメンバーに報告します
14:00
GIS作業会議のフィードバックを元にGIS処理の試行錯誤を繰り返します
15:30
退社(時短勤務)残業はせず、毎日子供を保育園に迎えに行きます

担当業務と仕事内容

民間や大学・研究機関のお客様を対象に、地理情報データの作成や解析に関するコンサルティングを行っています。お客様は交通、通信、鉄道などなど多岐にわたりますが、どの分野も地理情報データに関わっているという点で一貫しています。毎日、好きなGISやプログラムを触り、お客様と楽しく仕事が出ていると感じています。最近は自社製品の開発にも関わり始めて、市場調査を行いつつ、効率的な製品開発に関する知見を模索しています。

人を知る

会社の魅力、やりがい

育児休暇制度、短時間勤務制度、有給などが取得しやすいことは、当社の魅力の一つです。私は子供が生まれたときに育児休暇を取得し、現在は短時間勤務制度を利用して働いています。子供が病気をしたときなどは、在宅勤務(テレワーク)制度を活用することもあります。当社には、一人一人が柔軟に働き続けることができる環境が整っていると感じています。

人を知る

心がけていること、目標

毎年一回、新しく考案した技術や成果を学協会で発表するように心がけています。社名に”研究”を掲げる以上、常に探究心を持ちながら日々の業務をこなしていきたいと考えています。会社からも研究活動を積極的にサポートしてもらっていますし、自分とは違う分野で活躍する同僚もいて、共に切磋琢磨できる環境だと感じています。


PERSON06

社員インタビュー

竹下 健一Takeshita Kenichi

入社年
2002年
出身地
神奈川県
出身学部
理学部 地理学科
所属部署
ジオ・テクノロジーグループ(リーダー)

< 1日の流れ >

08:30
出社メールをチェックし、一日の計画をたてます
09:00
ミーティンググループ間とグループ内での調整を行います
09:30
GIS作業方針、手法を練ります
12:00
昼食散歩を兼ねて、中河原駅界隈の店を巡ります
13:00
GIS作業スタッフの進捗管理をしつつ、自らデータの処理や作成も行います
15:00
外出、打合せへお客様を訪問、打合せでは宿題をもらうこともあります
17:30
直帰へ打合せ終了後そのまま帰宅

担当業務と仕事内容

GISを使用した計算や地図化業務を行いながら、グループのリーダーとして、グループ全体の業務の管理や、他グループとの調整を行います。 お客様は建設コンサルタントやシンクタンクの方が多く、要望を聞き、地図のスペシャリストとして満足いただける提案を心がけています。お客様の専門分野はインフラ、通信、環境、観光、福祉など多種多様で、地図や空間情報が様々な分野で活用できることを感じます。グループ内では業務の人員配置、進捗管理などを行い、情報の共有に努めます。

人を知る

心がけていること、目標

少数精鋭とは我々のためにあるような言葉のようにも感じます。 所帯は必ずしも大きいとは言えないですが、実際は顧客からの我々への期待は非常に大きく、無理難題も少なくありません。ただし、こういう時こそが、その時までに培ってきた技術、経験、人脈を発揮できる場だと思います。時にはグループの垣根を越え、皆で知恵を絞り、課題解決に挑みます。常日頃からグループ間は風通しがよく、少数であることのメリットを活かし、互いに切磋琢磨しながら業務にあたっています。

人を知る

休日の過ごし方

休日は、地元の小学生にサッカーを教えています。仕事を忘れ、グラウンドで小学生からたっぷりとエネルギーをもらっています。いつか子供たちを全国大会に連れて行きたいと夢見て、朝から晩まで声を出しています。


  • Facebook
  • Twitter
  • ブログ
  • リクナビ