地理空間情報の整備|仕事内容|株式会社東京地図研究社|求人情報・採用特設サイト|地理空間情報で未来社会を切り拓く

仕事内容Work

地理空間情報の整備

データベース整備

基盤地図、国土数値情報の更新(土地利用・土砂災害)など、膨大なデータを解析・判読・集約してお客様に求められたデータを完成させます。
より早くミスなく処理する手法を考案し、効率的に作業を進める手法も検討しています。

データベース整備

適地選定

施設の大小にもよりますが、新たな施設を作る際には、騒音・日射量などの環境変化から、集客・時間削減といった人的変化まで様々な影響調査を行います。
これらの調査には空間解析が欠かせません。GISを使用し、より適した地域、ルートを提案します。

適地選定

高精度位置座標付与

最近ではWebマップで目的地がピンで示されるようになりましたが、まれにその位置がズレているということがあります。
当社では、住所からの自動処理(ジオコーディング)では該当箇所に落ちないデータを、様々な情報を組み合わせ、ピンポイントで整備し直す作業も行っています。

高精度位置座標付与

現地調査

測量機器を使う現地調査だけではなく、例えば道路上の青色看板や、電車の乗換時間など、現地に行かないと手に入らない情報を収集します。
集めた情報はカーナビや各種ナビゲーションソフトの元データとなります。

現地調査

各種地図製作

元々は国土地理院の地形図が当社のルーツですが、現在はWebやソフトウェア、書籍、看板、テレビなど、媒体を問わずあらゆる地図を製作しています。
都市計画図、ハザードマップ、バリアフリーマップなど公共性の高い地図から、テレビ放送や書籍で使用される趣味の地図まで、お客様のイメージに合った地図作りをしています。

各種地図製作(仮)