社員インタビュー|株式会社東京地図研究社|求人情報・採用特設サイト|地理空間情報で未来社会を切り拓く

社員インタビューPerson

2021年入社/杉村 圭太 2012年入社/永井 麻由佳
2021年入社/松尾 裕美子 2002年入社/竹下 健一

PERSON01

社員インタビュー

杉村 圭太Keita Sugimura

入社年
2021年
出身地
徳島県
出身学科
社会総合科学科
所属部署
ジオ・テクノロジーグループ
勤務地
府中本社

< 1日の流れ >

08:00
出社メールチェックなどを行います。
09:00
GIS作業データ入力のミスがないように内容を確認しながら作業を進めます。
12:00
昼食近所のランチを開拓します。
13:00
GIS作業扱うデータ量が多い場合は、先輩の助言を受けながらPythonを使うこともあります。
16:00
進捗管理社内スタッフに、お願いしている作業に抜けがないか確認します。
17:00
退社時差出勤制度を活用し、17:00に退社します。今日は、大学時代の友人と会う予定です。

担当業務と業務内容

官公庁に関連した業務が多く、災害時用の地図データを主に作成しています。初めは、メンターの先輩と一緒に同じ仕事をすることが多かったのですが、入社して1年ほどが経ち、責任感のある業務も段々と増えてきました。

人を知る

学生時代の経験が活かせているか

私は学生時代からGISに触れてきました。GISの操作や知識はもちろん業務に役立っていますが、仕事で直面する課題は大学で学んだこと以上に多岐に渡ります。その際に、学生時代に行っていた「困ったらすぐに調べる」という習慣は社会人になってもとても役に立っていると感じます。

会社の魅力、やりがい

「幅広い業務を経験できる。」これが東京地図研究社の魅力だと感じます。地図といっても、地図帳に載っているような地図(一般図)を作るわけではありません。お客様から依頼があった主題図(私の場合、災害用の地図など)を作成したり、位置情報を用いた分析もします。「地図」は様々な分野に利用でき、それに伴いお客様も災害系・土木系・商業系…など様々で、毎日新しい発見・勉強の繰り返しです。お客様の完成イメージを深く理解することで、位置情報の観点から適切なソリューションを提案できます。お客様と話し合いを重ねて1つの解決に向かい、お互いにとって満足のいく成果品が作れた際には、達成感・やりがいを感じます。


PERSON02

人を知る

永井 麻由佳Mayuka Nagai

入社年
2012年
出身地
神奈川県
出身学科
文学部 史学地理学科
所属部署
ジオ・テクノロジーグループ
勤務地
府中本社

< 1日の流れ >

08:30
出社メール、ToDoリストの確認を行います。
09:00
作業チームミーティング進捗と注意点等をグループで確認してから作業を開始します。
09:30
データ点検前日までの作業データの確認や論理点検を行います。
12:00
昼食社内で食べることが多いです。
13:00
作業検討新規案件の作業手法を検討し、次の打合せ資料や社内向け作業マニュアルを作成します。
17:30
退社翌日のToDoリストを作成してから退社します。

担当業務と業務内容

主に、地図データの更新や、地理情報の収集・調査業務に携わっています。中でも、地図データに紐付けるためのデータベース整備を担当することが多いです。中~長期間で大量入力系の作業を実施するため、スケジュール管理と、作業チームメンバー間での情報共有・認識の統一には常に気を配っています。

会社の魅力、やりがい

個々の裁量が大きい点が当社の魅力だと思います。お客様に業務のご相談を頂いてからは、打ち合わせ、作業手法の検討、実作業、成果提出まで、一貫して業務を行うケースがほとんどです。自分で業務をコントロールしながら進めるので、想定スケジュール内に、お客様に満足いただける成果が完成した際は、非常にやりがいを感じます。

人を知る

職場の雰囲気

和やかです。同僚だけではなく上司とも話しやすい環境だと思います。また、役員との距離も近く、職場環境や働き方に関する意見も届きやすい。「ここを改善してほしい!」と思ったときに、具体的な改善案があれば検討してもらえますし、実際に入社以来、環境整備の実施や勤怠システムの導入など、どんどん働きやすく、環境が変わっていっていると感じます。


PERSON03

人を知る

松尾 裕美子Yumiko Matsuo

入社年
2021年
出身地
兵庫県
出身学科
文学部 日本文学科
所属部署
経理・総務
勤務地
府中本社

< 1日の流れ >

09:00
出社まず1日の初めに、今日のタスクとメールをチェックします。
09:15
社内処理数字を扱う業務を午前中に行うことが多いです。
12:00
昼食自席でお弁当を食べます。お味噌汁に最近ハマっています。
13:00
社内処理優先度を意識して業務を行います。
15:00
システム検証・勤怠チェックシステム上、問題がある点について対応策を検討します。従業員の勤怠を確認します。
17:00
退社育児の関係で7時間勤務。保育園に子供を迎えに行きます。

担当業務と業務内容

経理・労務関係の業務を担当しています。現在2人体制で経理・労務業務を行っているため、会社の入出金等の経理業務は、主に先輩が対応してくださっています。私は、従業員の勤怠管理や給与支払い等、労務関連の仕事を中心に行っています。また、新たに導入した労務システムについて、課題点を検証したり、対応案を考えます。

職場の雰囲気

会社の機密情報を扱っているので、勤務するフロアは制作スタッフとは別になります。同じフロアには数名しかいないため、静かな雰囲気です。社長や専務と距離が近く、最初は少しドキドキしましたが、2人とも穏やかで優しい方なので、落ち着いて仕事ができます。自分のペースで仕事もできるので、過ごしやすいと感じています。

人を知る

心がけていること、目標

入社して1年未満ということもあり、日々自分の知識不足を感じています。分からないことはまず調べる事を心がけています。締切も多い仕事なので、逆算して業務をこなすことが重要です。少しずつでも、不明点を減らして業務処理のスピードを上げることが今の目標です。また、子供の迎えもあり、退社時間は厳守です。途中になってしまったり、行き詰まる業務があれば、メモを書いてから退社し、一旦忘れます。翌日出社した際にメモを確認すると、気づくことも多いです。できる限り、ON/OFFの切り替えをするよう心がけています。


PERSON04

社員インタビュー

竹下 健一Kenichi Takeshita

入社年
2002年
出身地
神奈川県
出身学科
理学部地理学科
所属部署
総合事業部
勤務地
府中本社

< 1日の流れ >

08:30
出社メールやメッセージ、社内機器のチェックを行います。
09:00
業務管理管理案件の問題点や進捗の確認をします。
11:00
ミーティング必要に応じて打合せを数本行います。
12:30
昼食午後の客先訪問のために移動中に食事をします。
14:00
打合せ客先との業務打合せ。都心に出て数社のあいさつ回り。提案をしたり、課題をもらったりします。
17:00
業務整理、報告飯田橋支所や外出先付近の店舗で、打合せ内容の整理、社内関係者への共有を行います。
17:30
退社1日の業務をなるべく翌日に残さず終了し、帰宅します。

担当業務と業務内容

社内で行う業務の体制作りや進捗の管理などを行います。同時に様々な業務の依頼を受けます。それが適材適所でスムーズに行われるように日々管理をしています。また、客先との打合せ、提案、コンサルティングも実施します。訪問やオンライン会議を通じて、お客様の最適なソリューションを提案できるように努力しています。また、社内では、情報セキュリティの管理者として、社内の規程づくりや社員への教育にも尽力しています。

人を知る

会社の魅力、やりがい

東京地図研究社では、営業、技術の垣根がそれほどなく、全員がお客様とコミュニケーションをし、GISを扱い、成果を提出します。分業を実施されている他社に比べ、各々が与えられた業務に対して責任感と愛着を持ち、業務に携わっています。結果、それぞれの成長と自信に繋がっていくことが多く、以後の業務対応にもとても役立つことになります。中小企業ならではの機動力の高さを出せる要因が、この少数精鋭で”みな技術”で”みな営業”にはあります。

人を知る

就活生へのメッセージ

新入社員時代は、国土地理院の2.5万分の1地形図の編集業務に、明け暮れていました。地図製作に携わりたく入社した東京地図研究社で、当時、時間も忘れてのめり込んでいました。その修業の成果は、今日の地図製作技術はもちろん、GISの活用やコンサルティングなど、様々な関連分野の応用に活かすことができるようになりました。20年前から携わる地図の種類は変われど、没頭していた業務の基礎知識は、一生ものになります。一時の苦労に一喜一憂せず、東京地図研究社で一生の財産を見つけましょう。


  • エントリー
  • moviemin
  • Twitter