フレーム構造にご注意

SimpleMesurement
HOMEプロダクツ>簡易計測手法

●はじめに
立体視写真を用いた位置・距離情報の取得では、設備にかかるコストや多大な処理時間が課題となります。
一方、ある特定条件下において単写真を用いた2次元情報を迅速・簡易に取得可能です。
当社では、「比高を持たない対象物が2次元平面に存在する」という条件において、簡易に大きさを計測するための手法を考案しました。

●測定の原理

※クリックで拡大

※クリックで拡大

●測定手順
1)被写体にカメラを正対させて単写真を取得
2)撮影地点からレーザー距離計で被写体までの水平距離を計測
3)計測したい箇所の画像上の距離を画像処理ソフトで測定
4)画像上の距離を縮尺レベル倍することで測定長を算出
 

●使用する機材
・デジタルカメラ(キャリブレーション済み)+三脚
・レーザー距離計
・画像測定ソフト※
 ※ Image Master、Photoshop等

計測機材

●成果
実証実験を繰り返し行い、少なくとも撮影距離の1/100〜1/200の精度は出せることが分かっています。
(例えば、撮影距離20mでは誤差10〜20cm程度)

★ 2013/11/14〜16に行われたG空間EXPOの「第6回測量コンテスト」において、本手法を用いて敢闘賞を受賞しました。
★ 2014/7/4に行われた「第36回測量調査技術発表会」において、本手法を口頭発表いたしました。
先端測量技術 No.106に論文「単写真を用いた位置情報の簡易的測定方法」として掲載されました。


●適応可能と考えられる事例
天井画
天井画の幅
球体
球体の直径
路上看板
路上看板の大きさ



まずは下記までお気軽にご相談ください。
  ◯ メールでのお問い合わせ(24時間受付)
info
※メールを送信される前に必ず「個人情報の取扱いについて」ご一読頂き、同意の上でご連絡ください。
◯ 電話でのお問い合わせ
042-364-9765(受付時間:平日9:00〜17:00)
◯ FAXでのお問い合わせ
042-368-0333(24時間受付)

 


   前の画面 スタート ホーム